Info & contact

May 23, 2022, Tokyo, Japan



RepRisk proudly announces launch of RepRisk Japan and unveils new Tokyo office

# Winning Japan’s Green Finance Subsidy Program, RepRisk will contribute to the acceleration of green finance in Japan via best-in-class ESG risk data


RepRisk, a leading ESG data science firm combining machine learning and human intelligence to identify ESG risks, is proud to announce the opening of their Tokyo office, marking the permanent physical presence of RepRisk in Japan.

RepRisk was one of six companies who won the Green Finance Subsidy Program for Tokyo Market Entry in March, which aims to promote green finance investments to overseas asset managers and fintech companies when they start new businesses in Tokyo to promote sustainable growth in the post-COVID-19 recovery.

“There’s a revolution in green finance occurring in Japan, and RepRisk is excited to contribute to this movement with a permanent office and presence in Tokyo,” said Alexandra Mihailescu-Cichon, Executive Vice President of Sales and Marketing. “Additionally, we are excited to announce our new team member Motoko Kuze, our new General Manager and Senior ESG Advisor, who will help bring the world’s largest and most comprehensive database of ESG risks to Japan’s leading banks, insurances, institutional investors, and asset managers.”

“RepRisk data covers wide range of companies and projects globally and gives us an easy access to associated ESG information from global ESG topics to local media articles, materiality analysis based on global frameworks, and peer comparison with ESG scores, so that we can identify and track material ESG risks which would cause reputational impacts on them and ourselves,” said Mr. Amane Yamazaki, Managing Director, Head of Sustainable Business Division at MUFG Bank, Ltd. “We are excited to welcome their new office opened in Japan and look forward to further strengthening our ties.”

A pioneer in ESG data science, the flagship RepRisk ESG Risk Platform provides unique risk profiles for more than 200,000 public and private companies and more than 55,000 infrastructure projects. With this step, RepRisk will further grow their presence and client and partner base with leading Japanese investors. Since 2006, RepRisk has built a consistent dataset with a rules-based and transparent methodology that goes back 15 years – the longest time series in the industry. RepRisk’s outside-in approach exclusively looks at a company from an external perspective, which serves as a reality check for how a company manages ESG issues and conducts its business on the ground.    


About RepRisk

Founded in 1998 and headquartered in Switzerland, RepRisk is a pioneer in ESG data science that leverages the combination of AI and machine learning with human intelligence to systematically analyze public information and identify material ESG risks. RepRisk’s flagship product, the RepRisk ESG Risk Platform, is the world’s largest and most comprehensive due diligence database on ESG and business conduct risks, with expertise in 23 languages and coverage of 200,000+ public and private companies and 55,000+ infrastructure projects. For more than a decade, the world’s leading financial institutions and corporations have trusted RepRisk for due diligence and risk management across their operations, business relationships, and investments. Find out more on reprisk.com.


2022年 5 月 23 日

RepRisk、日本法人「レプリスクジャパン」を設立


世界最大のESGテクノロジー会社であるRepRisk AG(本社:スイス、チューリッヒ)は、昨今ESG(環境・社会・ガバナンス)の重要性が増す中、さらなる事業拡大に向け、「レプリスクジャパン株式会社」を設立し、東京にオフィスを開設しました。

東京都「グリーンファイナンス外国企業進出支援事業」に応募のあった48社より選出された支援対象企業6社のうちの1社としても、ESGリスクデータを通じて、日本におけるグリーンファイナンスの普及と持続可能な成長に貢献して参ります。

RepRiskエグゼクティブ・バイス・プレジテントであるAlexandra Mihailescu-Cichonは東京オフィス開設にあたり、以下のように述べています。

「日本では今グリーンファイナンスの革命が起きていると言っても過言ではなく、RepRiskが日本法人を設立し、日本におけるグリーンファイナンス/サステイナブルファイナンスの発展に寄与できることを大変嬉しく思います。シニアESGアドバイザー、ジェネラルマネージャーである久世素子はじめレプリスクジャパンのチームと共に、弊社の世界最大で最も包括的なESGリスクに関するデータセットが、銀行、保険会社、資産運用会社などの金融機関、そして、多くの企業の皆様のお役に立てると確信しております。」

株式会社三菱UFJ銀行のサステナブルビジネス部(環境社会リスク管理担当)部長の山﨑 周氏から、次のようにコメントを頂いております。

「RepRiskデータは、世界中の企業やプロジェクトを幅広くカバーし、グローバルESGトピックからローカルメディアの記事まで関連するESG情報はもちろん、グローバルフレームワークに基づくマテリアリティ分析、そして、ESGスコアによる他社比較などに簡単にアクセスできるため、レピュテーション(評判)に影響を及ぼす可能性のある重要なESGリスクを特定して経過をたどることが可能です。貴社の日本法人設立と東京オフィス開設を心より歓迎し、さらなる連携強化につながることを期待しています。」

ESGデータサイエンスのパイオニアであるRepRiskのESGリスクプラットフォームは、200,000を超える公的機関・民間企業と55,000を超えるインフラストラクチャープロジェクトに対し、独自のリスクプロファイルを提供しています。業界最長の時系列である15年に渡り、ルールに基づいた透明性のある方法論を使用して一貫性のあるデータセットを2006年より構築してきました。外部の視点のみを利用し、各企業のESG課題・問題を把握するRepRiskのアプローチは、ビジネスを進める上での重要なチェック機能を果たします。


RepRisk AGについて:

1998年設立、スイス・チューリッヒに本社を置くRepRisk AGは、AIと機械学習を人間の知能と組み合わせて活用し、公開情報を体系的に分析し、重要なESGリスクを特定する、ESGデータサイエンスのパイオニアです。 RepRisk ESGリスクプラットフォームは、ESGリスクに関する世界最大のデータベースであり、200,000を超える公的機関・民間企業と55,000を超えるインフラストラクチャープロジェクトをカバーしています。世界をリードする金融機関・企業が、デューデリジェンスとリスク管理のためにRepRiskのデータを利用しています。詳細については、RepRisk | World's largest ESG technology companyをご覧ください。

 

東京都‐グリーンファイナンス外国企業進出支援事業 支援対象企業の決定について:

グリーンファイナンス外国企業進出支援事業|東京都 (tokyo.lg.jp)